Loading

ブログ

高い安いを決めるのは当事者

おはようございます。

元気があれば、何でもできる!

経営者の
タッグパートナー
内山タカユキです。

菅さんが総裁選で圧勝した
翌日の朝刊を見ていたところ
こんな記事が目に留まりました。

神奈川県がYoutuberを起用して
新型コロナウイルス対策のために作った動画の
制作費が880万円かかったそうで、
その金額に対して批判が集まっているそうです。

で、実際に僕も
その動画をさらさらっと見てみました。

タイトルが
「神奈川県で彼女?1万円企画して色々満喫してきた」
とあり、タイトルからだけだと
何をやったのかよくわかりません。

内容的には
飲食店を回って感染症防止対策を紹介する、
という内容でした。

僕も飛ばし飛ばしで見ただけですが
まぁ、この内容で13分だと
文句を言いたくなる気持ちも分かるかなぁ・・・
とは思います。

でもね、
お互いに金額が合意した買い物を
後から「高い」って言うのって
単なるクレームです。

事前に合意していた
内容と違うのであれば
そのクレームは妥当ですが、

動画という性質上、そこまで内容の共有は
できてないだろうから
難しいでしょうね。

もし、内容について
共有が不十分だったのであれば
それは「事前確認不足」という
問題です。

ちなみに、この動画の
再生回数は
かなチャンネルで22万回
カノックスターの公式チャンネルで77.7万回
合計でざっくり100万回です。

って、考えると
僕個人的には
元は取ってるんじゃないかなぁって
感じます。

あ、何が言いたいかというと
高い安いを決めるのは当事者ってこと。
第三者がいろいろ言っても仕方ないですよね。

自分自身の商品に自信をもって
値段を提示していきましょう。

高い安いを決めるのは当事者

・・・ま、でも
Youtuberになりたいって人が
多いのも分かるなぁ・・・

最後までお読みいただき
ありがとうございました。

今日も頑張りましょう。
ではっ


※よりディープな コンサルティングの事例を 書いていたりする

内山のメールマガジンを 読んでみたいなという方は こちらからご登録ください。

https://goo.gl/CbBRYp


 あなたのビジネスをサポートするサービスをご提供中!!

関連記事

  1. 読み書きパソコンは社会人の基礎スキル
  2. 当たり前が当たり前ということに感謝する
  3. リーダーだったら演じてみよう
  4. 不安を乗り越えるには・・・
  5. 第2火曜日は12:30からラジオです
  6. 決め方を決める
  7. 悔しさを言葉にして次への糧にする
  8. 発言する時の立ち位置を考える
PAGE TOP