Loading

ブログ

資料の目的を考える

おはようございます。

元気があれば、何でもできる!

経営者の
タッグパートナー
内山タカユキです。

河野太郎大臣が
こんなツイートをしていました。

https://www.e-stat.go.jp/estat/html/topic20201125.pdf

望ましいExcelの使い方について
指針を出したものです。

あんまり民間企業で仕事をしていて
こういう使い方はあまり見たことが無いのですが、
それでも、この考え方は
どこにでも必要と思います。

例えば、
・1セルには1データだけ
・セルは結合しない
・スペースで体裁を整えない
など。

Excelに入力した数値を
データとして再利用するって考えると
こうなりますね。

見やすいレポートを
作りたいのであれば
これらの元データを参照して
体裁を整えたものを作ればよいのです。

つまり「目的」
何のためにそのExcelを使っているか
ということですね。

自分の一つ一つの
作業、成果物の目的を
問い直してみると
良いかもしれません。

資料の目的を考える

やっつけで作っちゃ
駄目ですよね

最後までお読みいただき
ありがとうございました。

今日もハッピーオーラで (^O^)/

ではっ!


※よりディープな コンサルティングの事例を 書いていたりする

内山のメールマガジンを 読んでみたいなという方は こちらからご登録ください。

https://goo.gl/CbBRYp


 あなたのビジネスをサポートするサービスをご提供中!!

関連記事

  1. この先どうする?
  2. 実は同窓会、苦手でした(^-^;
  3. 誰のためにやっているのかな~?
  4. 目標を持つことが一番の治療法
  5. セコンドのあり方
  6. こうしたら、密度の濃い生産性の高い会議ができた!
  7. 待つって大変ですね
  8. 話すと聴くの割合は2:8
PAGE TOP