Loading

ブログ

SEはいい仕事ですよ

こんばんは。

元気があれば、何でもできる!

経営者の
タッグパートナー
内山タカユキです。

いま、仕事をさせて頂いている
アクロスロード株式会社の
津田徹さんの書いた
「SE(システムエンジニア)のトリセツ」の
出版お披露目会に
参加してきました。

この本には
意外と知られていない
SEの仕事のこととか
SEの考え方、
そして
SEの良いことなどが
分かりやすく書いてあります。

僕はSEを20年近くやってきたので
「そうそう」と
頷くところばかりでした。

業界の人にも
業界でない人にも
読んでもらえたらいいなぁと思います。

さてさて、
僕は、コンサルになりたての頃は
IT業界出身というのを
出来るだけ出さないようにしていました。

そういう色が着くのを
避けたかったのです。

今思うと
もったいなかったなぁ、と思います。

だって、
IT業界にいたから、
そして
SEをやっていたから
役立つことばかりですから。

SEだったことが
SEやっててよかったな、
今の自分に活きているなと
思うことを上げます

・リアリストである
僕は結構、感情で物事を判断しますが
その一方で、目的達成のためには
現実的な判断をします。

特に最近は、人に対する判断がそうですね。

この人にはこの役目は無理かな、とか
この人がいるとチームにはマイナスかなって思うと
改善しようと努めはしますが
目的達成のために
割り切れるようになりました。

人によって、目的をブラしては
いけないですからね。

・全体最適をいつも気にする
SEはチームでシステムを作る仕事です。
「誰かだけよい」とか
「一部が完璧ならよい」とか
そういう訳には行きません。

なので、「チーム」で「最適か?」という観点を
いつも気にしちゃいます。

・スケジュールを書くのが得意
タスクだしして、逆算して期限決めて、
誰が出来そうか、というスケジューリング。
プロジェクトを実施するうえで
散々書いていたので
自然にできますね。

他にもいろいろとありますが
スッと思いつくのはこんなところです。

ま、
ということで
これから社会に出て行ったり
何の仕事をやろうか、迷っている人には
SEの仕事をお勧めしますね。

SEはいい仕事ですよ

一番楽しいのは
チームで一つのものを
作り上げる喜びを
味わえることかな。

最後まで
お読みいただき
ありがとうございました。

明日も
ハッピーオーラで
行きましょう (^O^)/

ではっ!


※よりディープな コンサルティングの事例を 書いていたりする

内山のメールマガジンを 読んでみたいなという方は こちらからご登録ください。

https://goo.gl/CbBRYp


 あなたのビジネスをサポートするサービスをご提供中!!

関連記事

  1. ITは他人任せにしてはいけません
  2. 押し付けないけど伝える
  3. 涙を流すほど仕事に取り組もう
  4. 備えは十分ですか?
  5. うまく行かない時こそ・・・
  6. サヨナラは成長痛
  7. プラスな点に着目しよう
  8. 経営コンサルタントってなんなん
PAGE TOP