Loading

ブログ

本音をぶつけあえる仲間をもっともっと作ろう

おはようございます。

元気があれば、何でもできる!

 

経営者の
タッグパートナー
内山タカユキです。

 

昨年の
湘南ベルマーレの
記事を見つけました。


(出典:sportiva)

 

要約すると、

昨年の前半戦、
ある試合後のミーティングで
ゴールキーパーの秋元選手が、

チームに貢献できず
自分自身に対して苛立つ
梅崎選手に
「全然やってないのに、キレてんじゃねえよ!」と
噛みついたのです。

でもこれは、
秋元選手の狙い。

目上の梅崎選手に
要望をきっちりと言ったことで

それをきっかけに
各選手たちがお互いに
誰にどういうプレーをしてほしいかを
明確に言いあるようになった、

その結果、
チームとしてのプレーの質が高まり
ルヴァンカップ優勝、
J1残留という
成果を残せたのです。

勝利という
目的のために
選手たちが本音を言い合える関係性、
素晴らしいですね~

改めてこのチームが
好きになりました。

ちなみに、
僕たち
キャッシュフローコーチが
言っている
安心・安全・ポジティブな場は

相手が受け止めてくれるという
絶対的な安心感のもとに
肯定的な言葉で言い合える場のことです。

例えば、会議の場合であれば
・相手の意見は、心でも表情でも言葉でも否定しないこと
・「アイデア出しの時間」と「選択する時間」を分ける
なんて前置きをしたうえで
会議を行うのです。

 

この安心・安全・ポジティブな場が
生産性を上げることは、

Googleがプロジェクト・アリストテレス
生産性を上げる5要素として
トップに掲げているものに
合致しますね。

 

1. 心理的安全性(サイコロジカル・セーフティ)
2. 相互信頼
3 構造と明確さ
4. 仕事の意味
5. インパクト

こんな場作りを
ドンドン提供していくととともに

僕ら自身も
クライアントとの間で
言うべきことを言いあえる
関係性を保たなければな、と
改めて感じました。

本音をぶつけあえる仲間をもっともっと作ろう

 


もっともっともっともっと
みんなで楽しみましょう~(^O^)/
(新日本プロレス 高橋ヒロム選手の絵)

 

最後までお読みいただき
ありがとうございました。

今日も頑張りましょう。
ではっ!


※よりディープな コンサルティングの事例を 書いていたりする

内山のメールマガジンを 読んでみたいなという方は こちらからご登録ください。

https://goo.gl/CbBRYp


 あなたのビジネスをサポートするサービスをご提供中!!

関連記事

  1. 仕事にキュンキュンしてますか?
  2. 10月7日は大人げない運動会!
  3. 場を作る
  4. 内山、ラジオ始めるってよ
  5. ボランティアでも受けたからには仕事
  6. 上原浩治と赤魔導士
  7. 新入社員はマジメですよ
  8. コミュニティでもビジネスでも大事なことは一緒
PAGE TOP