Loading

ブログ

誰かがいれば解決するわけではない

おはようございます。

元気があれば、何でもできる!

 

経営者の
タッグパートナー
内山タカユキです。

今日はJリーグの話題を
取り上げます。

取り上げるのは
僕の応援する湘南ベルマーレ
ではなくて
ヴィッセル神戸。

今年は
世界的ビッグネームである
ヴィジャ、イニエスタ、ポドルスキ
(3人の頭文字をとってVIPトリオ)を
そろえて
注目されていました。

確かに、
はまった時はすごいプレーを
見せてくれてました。

そんなヴィッセル神戸ですが
現在は11位と
中位でもがいています。
(それでも湘南より上ってのが
悔しいのですが・・・)

最近では
監督が辞任したり、
ポドルスキが
キャプテンを退任したうえに
ボールボーイに暴言を吐いたり
試合前にtwitterで「試合出ない」って
言ってしまったり、
なんだか騒動が
絶えません。

 

メンバーを見ると
VIPトリオだけでなく、
日本代表候補や
元日本代表など
そうそうたるメンバーが
そろっています。

辞めちゃった
リージョ前監督も
名将のグアルディオラが
師と仰ぐぐらいの人。

人材には事欠かないのです。

 

だけれど
なかなか成果が出てこない。

 

つまり、
人を連れてきただけでは
すぐに成果は出ない、
と言うことです。

組織の成果を出すには
次の3つの掛け算が必要だと
言われています。

人×仕組×関係性


(ロボット人事研究所、瀧田さんのHPより)

 

ヴィッセル神戸の場合は
人はすごいのですが
仕組と関係性が
十分でないのでしょう。

逆に言うと
そこが整ったら
凄い力を発揮するはずですね。
ライバルチームとしては怖いなぁ・・・(^-^;

会社のことに
置き換えて考えてみましょう。

「○○○が出来る人がいれば・・・」
なんて話がよく出ますね。

でも、
その人が来ただけだと
駄目なのです。

僕が見ている限りだと、
人を連れてくるだけでなく、
その人が上手く活躍できる仕組
その人と仕事の会話が的確にできる関係性
が必要なのだと感じてます。

GWで
人の入替が発生する会社も
あるかもしれません。

人×仕組×関係性
この掛け算を意識して
組織づくり・チームづくりを
したいですね。

誰かがいれば解決するわけではない

 

神戸も気になるのですが、
今日は湘南、勝ってくれ〜
ってのが本音です(^-^;

 

最後までお読みいただき
ありがとうございました。

GW、2日目
どんな一日にしますか?

ではっ!


※よりディープな コンサルティングの事例を 書いていたりする

内山のメールマガジンを 読んでみたいなという方は こちらからご登録ください。

https://goo.gl/CbBRYp


 あなたのビジネスをサポートするサービスをご提供中!!

関連記事

  1. コミュニティとの関りってどうあるべきか?
  2. 私にとって〇〇は道標です。
  3. 相手にかける言葉の選び方
  4. 自分のことは自分で決める
  5. 目標を持つことが一番の治療法
  6. 想いを描くこと
  7. 動かなかったらどうしよう・・・
  8. 熱い熱い闘いを見逃すな!
PAGE TOP