Loading

ブログ

未来を見よう

おはようございます。

元気があれば、何でもできる!

経営者の
タッグパートナー
内山タカユキです。

人の悪口を平気で言う人がいます。
人との約束を普通に守らない人がいます。
自分が間違ったことをしても謝らない人がいます。

これ、複数の経営者の方から聞く
従業員さんのお困りごとです。

こんな当たり前の事?
って思われるかもしれませんが、
ビックリするほどいろいろな会社で言われます。

何でこういうことが起きるんでしょう。

人それぞれ解釈はあると思いますが、
その一つが「想像力の欠如」です。

これをやったら、自分はどうなるだろう、
相手はどうなるだろう、
第三者はどうなるだろう、
そういう想像力が欠けている・・・
いえ、してないのです。

例えば、
提出物を期日通りに出さない従業員は
そのコトによって、提出物を集める従業員、
もしくはその集めた従業員の後処理をする方に
どういう影響があるか、
想像できていないのです。

逆に言うと
このあたりの視野を広げてあげると良いのです。

視野を広げる、
その先を考えるのって
トレーニングです。

常日頃から考えていれば
出来るし、
考えてなければ
非常にストレスを感じます。

人によっては
「無理っ!」「できませんっ!」
などと否定の言葉を言って
考えることを拒絶しますね。

でも、
相手に気づきを与えたり
相手の視野を広げたり、
こういうことができるのが
コンサルタントなんだと思います。

ってことで今日も
相手の視野を広げるお手伝いを
したいと思います。

未来を見よう

自分の道は
自分で作って行きたいものですね。

最後までお読みいただき
ありがとうございました。

素敵な一日をお過ごしください。


※よりディープな コンサルティングの事例を 書いていたりする

内山のメールマガジンを 読んでみたいなという方は こちらからご登録ください。

https://goo.gl/CbBRYp


 あなたのビジネスをサポートするサービスをご提供中!!

関連記事

  1. 数字が分かると頑張れる
  2. キレては行けません
  3. 絵を描いてもらいました
  4. 仕事に行きました
  5. リアルとテレワークを併用しましょう
  6. 計画を描くことは未来と向き合うこと
  7. 経営者に話を聞く時はGKGMの順番で
  8. なんて話していいか分からない・・・
PAGE TOP