Loading

ブログ

デジタル化して生き残りましょう

おはようございます。

元気があれば、何でもできる!

経営者の
タッグパートナー
内山タカユキです。

最近、僕が力を入れているのは
IT技術を活用した
事務処理の自動化ソリューションの
提案活動です。

具体的には
AI-OCRという、
手書きの資料を読み込んで
文字データに変換してくれるアプリと、

RPAという、
パソコン上での人間の操作を
代わりに自動でやってくれるアプリです。

なぜ、これをやっているかというと
その理由の一つは「危機感」です。

具体的には
「中小企業がIT活用しなかったら
生き残れないよね」
ということです。

お金と人手に余裕のある大企業は
新たなIT技術を試したり導入したりして
効率化を図ってますよね。

そういった会社と
対等にわたっていくためには
中小企業もIT化を進めていくしか
無いですよね。

分かるとか、分からないとか
そういうレベルの話ではないのです。

例えばで言うと
歯医者さんの受付の人の
仕事の割合って
会計:予約:患者とのコミュニケーションが
4:4:2と言われています。
つまり、8割が事務業務です。

でも、本当に大事なのは
患者さんとしっかりとコミュニケーションをとって
医者では拾えない悩みに気が付いたりして
患者さんの信頼を得ること。

って考えるとこの割合を
2:2:6にできたら
いいですよね。

そういうことを実現するための
ツールの提案をしています。

・・・
ま、そんなことを
手の届く、身近な人には
お伝えしたく、提案活動をしています。

例えば、
手書きの文字を読み込んで
データ変換するAI-OCRなんかは
月額9000円で試せます。
興味持った方は
気軽にやってみてほしいです。

7月中には中小企業向けの
デジタル化というような内容で
Webセミナーもやります
・・・準備はこれからですけどね(^-^;)

デジタル化して生き残りましょう

デジタル化すると
芝でもダートでも
日本でも世界でも
戦えるんですよ!

・・・って
アグネスデジタルの話でした

最後までお読みいただき
ありがとうございました。

今日も頑張りましょう。
ではっ


※よりディープな コンサルティングの事例を 書いていたりする

内山のメールマガジンを 読んでみたいなという方は こちらからご登録ください。

https://goo.gl/CbBRYp


 あなたのビジネスをサポートするサービスをご提供中!!

関連記事

  1. 正論
  2. 意見の出てくる会議のやり方
  3. Zoomでテレビ会議をやってみよう
  4. 目的があるとチームはまとまるのです
  5. いつまでも覚えていよう
  6. 続けるためには遊びが必要
  7. 内山、卒業しました(^-^;
  8. 勝利のためには稲葉監督のようになろう
PAGE TOP