Loading

ブログ

言いたいことを言う

こんばんは。

元気があれば、何でもできる!

経営者の
タッグパートナー
内山タカユキです。

レストランを展開している
グローバルダイニングという会社があります。

今回の時短営業の要請に従わず
平常通りの営業を続けていた店です。

https://www.global-dining.com/news/2021/01/07/11929/

その店に対して
東京都から「時短要請に応じないことに対する弁明を付与する」的な
文書が届いたそうです。

それに対するグローバルダイニング側の
弁明書が出ました。

こちらの言いたいことを
きっちり言ってくれた文章となっています。

・ハイリスクの人たち(つまり高齢者)の命を守る具体策を行わずに緊急事態宣言を行うのはおかしい
・病床確保が必要だったはずなのにその手を打っていない
・不要不急の外出を控えろと言いつつ、映画・イベント等の営業が認められる緊急事態宣言の意味は?
・時短に応じないことには「正当な理由がある」(やらないと会社が回せない)ので、要請には今後も従わない。

ぜひぜひ、都知事の小池百合子さんには
ロジカルな返答をしてほしいです。

さてさて、なぜこのような
弁明書が返せたのでしょう

グローバルダイニングの経営理念を見てみました。

philosophy

・プライオリティの最上位にお客様を置いている
・経営4原則の一つ目が「言いたいことを言う権利」

つまり、理念に基づいた
文書になっているのですね。
すごく納得しました。

やっぱり、経営理念が
浸透している会社はぶれないですね。
そんなことを実感しました。

言いたいことを言う

社内で「前向きに」言いたいことを
言い合えている組織は
強いですね。

明日も
ハッピーオーラで
行きましょう (^O^)/

ではっ!


※よりディープな コンサルティングの事例を 書いていたりする

内山のメールマガジンを 読んでみたいなという方は こちらからご登録ください。

https://goo.gl/CbBRYp


 あなたのビジネスをサポートするサービスをご提供中!!

関連記事

  1. 根っこ、持ってますか?
  2. 落ち着かないっすね。本当に。
  3. 平成を代表するアイドルはやっぱりすごかった
  4. 7割辞めちゃうRPAを辞めないためには?
  5. 相手も受け身を取れるようにしよう
  6. 識学を語ろう~5.変化【考えが変わるのと行動するのと、どっちが先…
  7. 資格
  8. チームを信じきることが勝利の第一歩
PAGE TOP